水回りのトラブルで困ったらここをチェック!

水道修理は場合によっては水道局指定工事店に依頼しなければならない

水道修理は場合によっては水道局指定工事店に依頼しなければならない 水道修理の内容は、トラブルが発生している場所や状況に応じて変わり、場合によっては水道修理を請け負う業者に依頼をしなければなりません。
依頼をする業者は、料金や作業の質、サービス内容などを考慮して決めれば良いですが、修理を求める内容によっては水道局指定工事店かどうかを確認してから依頼をする必要があります。
水道局指定工事店とは、水道法およびそれに基づいて制定されている条例に基づき、水道事業者から適切な水道工事ができる業者として指定を受けている工事店のことです。
蛇口から配水管の分岐部分までの間の部分は法令では「給水装置」と呼んでおり、装置に発生したトラブルに関しては指定業者の中から依頼先を決めなければならないことが定められています。
指定されていない工事店に給水装置の修理を依頼するのは違法行為となり、作業を実施した業者と依頼者の双方が処罰の対象となります。
水道事業は自治体が自ら行っているおり、住んでいる自治体の公式Webサイトに指定工事店の一覧が掲載されています。
水道修理が必要になった場合、業者に頼むときは指定工事店かどうかを必ず確認しましょう。

水道修理に必要な資格や知識とそれぞれの基礎知識

水道修理に必要な資格や知識とそれぞれの基礎知識 水道修理で失敗をすると大規模な水漏れが起こります。
それによって住宅が著しく傷むことも予想されます。
そのため水道修理には資格や知識が必要になります。
具体的な資格として給水装置工事主任技術者と下水道排水設備工事責任技術者、管工事施工管理技士、水道技術管理者が挙げられます。
給水装置工事主任技術者は給水装置工事の技術管理や技術指導を行う人の資格です。
よく目にする蛇口だけでなく、止水栓や水道メーターなどが対象です。
下水道排水設備工事責任技術者は下水道や排水の設備工事を管理するのに必要な資格です。
設備の名を挙げると、接続ますや雨水ますなどになります。
管工事施工管理技士は水道に関係なく、管工事専門の資格です。
複雑な上下水道関連の管工事を管理するときに活躍します。
水道技術管理者は、安全な飲料水を提供するため力を尽くします。
塩素消毒などの衛生上の措置や、水質の検査などを行います。
いなければ水道を設置できないことになっています。